【公式】京都市・宇治市・大津市の自宅葬なら H&L京都自宅専門葬儀社

かけがえのない最後の一家団欒をご自宅で。専任の自宅葬コーディネートスタッフが、お手伝いいたします。

  • 終の棲家と 貴方は、いつも 話してましたね。
  • 終の棲家と 貴方は、いつも 話してましたね。
  • 終の棲家と 貴方は、いつも 話してましたね。

ホームお客様の声・葬儀施行ブログ ≫ 納骨について ≫

納骨について

納骨3
納骨の準備について
 
今回は、すでにお墓をお持ちの方の場合の、納骨する時期と納骨式までの手順についてお伝えさせて頂きます。
 
納骨しなければいけない期限ってあるの?
納骨の期限については、必ずいつまでに納骨しなければならないという決まりはありません。また、法律上でも納骨までの期限についての定めはありません。
 
昔から納骨の期限については一般的に、お墓がすでにある場合は四十九日の法要当日に合わせて、納骨する場合が多いようです。四十九日の忌明けの法要で、お葬式に集まった親族が再度集まり、ご自宅やお寺で読経を依頼し、法要ののちに、納骨式を行います。
 
または、火葬を終えた当日に、納骨する場合もあります。
 
気持ちの整理がつかなかったり、お墓の購入が決まらないなどの理由で、数年間にわたって自宅で手元供養される方もいらっしゃいますので、納骨の時期は様々です。ご自身やご家族が納得するタイミングで納骨されることが大切です。

新たにお墓を建てる場合は、契約して建墓までに2~3ヶ月かかるため、四十九日は法要を行い、一周忌、お彼岸や初盆といった節目に間に合うようにと納骨時期を考えられる方もいらっしゃいます。
 
納骨式までの流れ
1:菩提寺に法要の依頼
菩提寺に納骨の前に四十九日の法要をしていただく場合には事前に連絡し、日程を決めます。ご家族やご親戚が集まりやすい土日を希望する方が多く、法要の予約が取りづらい場合もありますので、なるべく早めにお寺様に相談することが良いでしょう。塔婆が必要な場合も相談しておきましょう。

2)石材店に字彫りを依頼
お墓に戒名やお名前を新たに彫る場合は石材店に依頼が必要です。早ければ数日で出来ますが、余裕を持って2~3週間はみておくといいでしょう。

3)石材店に納骨式に来てもらう依頼
納骨の日には、石を動かしてお墓の中に納骨をします。家族で対応することが難しい場合は、事前に石材店の担当者にお願いしておきましょう。

4)納骨に必要な書類の準備
納骨の際には、遺骨埋葬許可書(「火葬許可書」に「火葬執行済」と記載されたもの)を持参します。霊園墓地を利用するときは、墓や納骨堂の使用名義人の使用許可証と一緒に印鑑を持っていきましょう。
*その他、手続きに必要な書類につきましては、事前に納骨先に連絡し確認しておくことをお勧めします。

5)親戚や参列者に連絡
納骨式にきていただく、親戚や参列者に日程の連絡をします。
*最近では、家族葬を希望される方が多く電話での出欠確認で済まされる方も多くなっておりますが、本来は葉書でのやり取りが丁寧です。

6)お供え物の準備
お花や、果物、お酒、和菓子などをお供えします。故人の好きなものがあれば一緒に用意しておきましょう。

6)食事・返礼品の準備
納骨式の後に食事の場を設けることもあります。その場合、食事や食事処の予約が必要です。また参列された方へお渡しする返礼品の準備もしておきましょう。
*忌明けの法要を同日に行われる方は、葬儀時にお受けしたお香典のお返しの準備を並行して行います。
 
まとめ
今回、お伝えさせて頂きました「納骨の準備について」ですが、お寺様に声掛けされて行う仏式でのお葬式をされた方々の内容についてでしたが、神道・キリスト教でも納骨式は、ございます。
仏式以外の納骨式でも、準備の流れはおおよそ同じとなりますので、まずは、皆様の縁のある宗教者へのご相談から準備を進めてください。
機会が有りましたら、後日は仏式以外での納骨についてもお伝えできればと思っております。
 
2019年06月25日 20:00

H&L 京都自宅専門葬儀社

電話番号 0120-41-0556 営業時間 24時間・年中無休

モバイルサイト

H&L 京都自宅専門葬儀社スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら