【公式】京都市・宇治市・大津市の自宅葬なら H&L京都自宅専門葬儀社

かけがえのない最後の一家団欒をご自宅で。専任の自宅葬コーディネートスタッフが、お手伝いいたします。

  • 終の棲家と 貴方は、いつも 話してましたね。
  • 終の棲家と 貴方は、いつも 話してましたね。
  • 終の棲家と 貴方は、いつも 話してましたね。

ホームお客様の声・葬儀施行ブログ ≫ お仏壇は本当に必要? ≫

お仏壇は本当に必要?

仏壇
子どものころ、家には仏間があり、仏壇の前で手を合わせる習慣があった方は多いのではないでしょうか。しかし、近年ではマンションやアパートに住む方が増えており、和室がなく手狭なため仏壇を置けない方もいるでしょう。
今回は、仏壇の役割や、いまどきの仏壇事情、手狭なマンションでも置ける小型の仏壇についてご紹介します。


仏壇は必要?その役割とは・・・。
仏壇は、仏像や位牌を祀る壇です。寺院にあるご本尊を祀る壇を小型にしているもので、仏様を拝む際の対象となります。

仏壇の役割とは・・・。
・家族や先祖への感謝や尊敬の気持ちを表す。
先祖の事を子どもたちに伝え、命について考える機会を作る。
・家族を亡くしたつらさを和らげ、心のよりどころにする。

といった役割があります。自宅に仏壇を置くことで、日常的に家族や祖先を思い出し、自分を見つめ直すきっかけを作ることができるのです。

今どきの仏壇事情
今、仏壇を所有しない方が増えています。仏壇を持たない理由として、手狭なマンションでは仏壇を置くスペースが確保できないため、仏壇を置くことができないという事情があるようです。また、一人世帯が増え、仏壇を持つ必要性がないと考える方が多くいることも、仏壇離れを加速させているようです。

仏壇を購入するタイミングは葬儀後が一般的ですが、引っ越しと同時に転居先の設置場所に合わせて購入する方も増えています。家具をそろえるタイミングに合わせて、仏壇も検討する場合が多いようです。

しかし、マンションや老人ホームの限られたスペースでは、希望の場所に仏壇を置くことが難しいかもしれません。次項では、狭いスペースでも問題なく置ける仏壇をご紹介します。
どのような仏壇を選べば、マンションでも置けるのか?
スペースがなくても設置できる、現代の生活様式に合った小型の「パーソナル仏壇」が販売されています。

チェストの上などに置くことができる、小型の仏壇です。移動しやすいため、引っ越しが多い方に選ばれています。
 

「手元供養」という選択肢

自宅供養という、故人の遺骨や遺灰を身近な場所において供養する、墓と仏壇の機能を併せ持った供養方法があります。遺族が個々の希望に合わせて選べるため、需要が伸びているのです。自宅供養に適した商品には、様々な種類があります。

・遺骨を小さな骨壺や遺灰に入れるもの
・遺骨をペンダントにしたもの
・遺骨を小さな容器にいれて身につけられるようにしたもの
 

マンション・老人ホームでの仏壇の置き場所は?

仏壇を置く場所で気を付けたい点を挙げます。

直射日光に当たらない風通しの良い場所に置く
木製の仏壇は曲がりやすく、湿気に弱いためです。

・正座した時に、本尊が目線より上の位置になるよう安置する
仏様に対して失礼のない位置にしましょう。

・神棚や床の間と向かい合わせにならないように置く
片方にお参りをしている時に、お尻を向けてしまわないように設置しましょう。
 

仏壇を移動するには?

マンションに引っ越しをする際、小型の仏壇を新しく購入する場合には、僧侶にお願いをして閉眼法要(魂抜き)と開眼法要(魂入れ)行いましょう。古い仏壇に宿っている故人の魂を、新しい仏壇に移す儀式です。引っ越しに合わせて、1か月前には法要の依頼を済ませておくのが良いです。
 

まとめ

仏壇は必ずしも必要なものではありませんが、仏壇は家族や祖先への感謝の気持ちや、自分自身を大切にする気持ちを常に持っておくことができる、心のよりどころのような存在です。大切なのは、故人に対するきもちです。ご自身で理想とする供養の形を考え、希望に合った仏壇を選びましょう。
2019年06月24日 20:00

H&L 京都自宅専門葬儀社

電話番号 0120-41-0556 営業時間 24時間・年中無休

モバイルサイト

H&L 京都自宅専門葬儀社スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら